Lets talk in English

日本の英語

日本人は英語が苦手と言われていますが、学習を始めるのが遅い・会話を重視していないというのが大きな理由です。幼いうちから英語に耳を慣らしておけば、英語の習得率は大きく向上するでしょう。そのため、現在は小学生からの学習が始まっています。

詳しく読む

英語・英会話の資格

日本で英語・英会話力を測る資格・試験としては、英語検定、TOEIC、TOEFLの3つが一般的です。このうち、英語検定は等級で成績を表しますが、TOEICとTOEFLはスコアで表します。スコアで表せば、より明確に自分の成績を知ることができます。

詳しく読む

英語の必要性

大学生

国際化社会が叫ばれている現代では、日本人でも英会話の習得が推奨されています。会社によっては英会話の習得レベルが査定に影響を与えることもあるので、習得することが決して無駄ではありません。
英語や英会話の習得レベルを測るものとしては、英語検定が一般的です。これ以外に近年よく利用されているのが、TOEICやTOEFLといったスコア式のテストです。
特にTOEFLは難しく、TOEFL対策の講座を開いている英会話教室や通信講座などもあります。TOEFL対策をきちんと行わなければ、満足な結果を得ることは難しいでしょう。それほど、TOEFLは難しいことで有名なのです。

TOEFLやTOEICのスコアは、今では企業の入社にも大きく関わるほどになっています。明確なスコアとして自分の英語・英会話力が示されるので、基準として使いやすいのです。
難しいTOEFLですが、TOEFL対策をすればスコアはきちんと伸ばすことができます。英語・英会話力をスコアで示せるTOEFLでいい成績を残すためにも、TOEFL対策は有効活用しましょう。

ピックアップ